アカモズなど

今回北海道は雨のせいもあり目玉を外しまくって札幌まで帰ってきました。 周遊の最後くらいは締めたいと思いアカモズのポイントにやってきました。 ファーストショット マニュアルで調整して 近くでも バッタを咥えて 葉っぱの陰にいるのを やや逆光気味ですが緑をバックに こんなにたくさんいるとは思いませんでし…
コメント:5

続きを読むread more

働き者のお母さん

北の湿原では本命の声は遠くでするものの、なかなか姿を見せてくれません。 なので午後からは別の場所に移動して日陰でのんびり出待ちしていました。 現れたのはノゴマ♀ 近くに巣があるようでエサを集めに頻繁に姿を見せてくれます。 一方のお父さんはというとこんな場所で休んでいたり 囀っています。 どこの世界でもお母さ…
コメント:6

続きを読むread more

ツメナガセキレイ

ついに北端の地にたどり着き、まずは黄色いセキレイ君 飛行機でやってきたときはどうしても昼頃になってしまい、探すのは結構大変でしたが、今日は早朝での撮影です。 足が痛いので木道を一本往復しただけですが、4組くらいは繁殖しているようでした。 ファーストショットは遠慮がちにやや遠めから いっぺんに三羽も 飛び出しも 飛…
コメント:5

続きを読むread more

失敗だらけの一日

失敗の続いた一日でした。 シマフクロウが姿を見せません。オスは前日出たようですが、メスは今年の春に亡くなったのか世代交代があったようです。新しいメスはよそからやってきたようで慣れるのにもう少し時間がかかるようです。早く慣れて姿を見せてほしいものです。 深夜まで待っていて翌朝少しボーとしてたのか、階段を踏み外して数段落下。右ひざを強打…
コメント:5

続きを読むread more

道東初日

一昨日は青森から道東までの移動日でほぼ一日中運転しっぱなし。 昨日の朝は霧雨だったけど今日は雨の予報なので二日分まとめて急ぎ足で 撮って回りました。 やはり一番目に付くのはノビタキ ちょうど花にのってくれました。 遠くにはちびっ子も オオジュリンはすっかり黒くなって ノゴマ 最初は後ろ向きでオレンジがよく見えませ…
コメント:5

続きを読むread more

キョロロン その2

夜は少し離れた道の駅で車中泊 泊りの車はほかに一台もなくちょっと寂しかったです。 翌朝5時頃に現着するとすでに数人のCマンが待機していました。 出かけるときは撮れればいいと思っていましたが、欲はどんどん膨らみます。 こういう姿もいいのですが動きのある姿も 水浴びのために何度も飛び込む姿を見せてくれました。 …
コメント:6

続きを読むread more

キョロロン その1

県をまたぐ移動も解禁になり早速本州の北端の県へ。 朝三時出発で到着は昼過ぎ。久々のロングドライブでした。 現地では有名池に行ってみたもののCマンさえおらずどうしたものかと途方に暮れ、最初に声を聞いた場所でよく見るとCマンたちが待機していました。早速仲間に入れてもらいましたが、前日は素晴らしかったけど今日はいまいちとの評判でした。 …
コメント:5

続きを読むread more

見つけちゃった

サンコウチョウを探して渓谷に再度行ってきました。 いつもの巣があるところは相変わらずの密なので、歩き回って探しましたが思わしい成果もなし。しかたなく来た道を戻っていくと前回見つけたあたりでまた見つけました。目で追っていくといつの間にか♂が♀に入れ変わってもぞもぞとしています。 早速撮って確認すると巣作りの真っ最中 ♂もやってき…
コメント:7

続きを読むread more

湘南の海で

天気予報はピーカンだったので海岸に行ってきました。 ついてすぐが晴れていたのですが、薄い雲がかかり太陽の光は時々しか差してきませんでした。 湘南の海といえばアオバト まずは飛び物です。 岩礁に降りて 潮が引くと釣り人が岩礁に入り込み、やってきてもそのまま帰ってしまうようになったので撤収してきまし…
コメント:8

続きを読むread more

再開します。

このところの自粛でしばらくお休みしていましたが、2次がちょっと怖いけどそろそろ再開したいと思います。 本当は先週くらいからと思っていたのですが、肝心の鳥が見つからずようやく見つけることができました。 サンコウチョウ なんとか顔が見える位置で 尾は少し枝に隠れてしまいました。 短尾タイプも 尾が短くても「ホイホイ…
コメント:7

続きを読むread more

朝の散歩で

家の周りを歩いてみるとスズガモがめっきり少なくなってきました。 ユリカモメも頭は黒くなってきましたが、数は数えるばかり。 イソヒヨドリが気持ちよさそうに囀って 囀っている姿を初めてじっくりと見ることができました。羽を少し膨らませるように開いて近付いても逃げる気配はありません。 それにしても早く鳥見に出たいもの…
コメント:6

続きを読むread more

ご近所散歩

外出自粛要請の影響で遊びで出ている人はほとんどなく、散歩やランニングをする人をちらほらと見かけるだけでした。 そんななか食料品の買い物のついでに近所を散歩してみました。 花筏とともに サクラに集まる鳥も イソヒヨドリ 多分ただとまっただけ ヒヨドリ 普段は撮りませんが嘴を黄色くしたのを スズメも…
コメント:9

続きを読むread more

久々の臨海

このところ外出自粛要請が続いていますが、たまには気分転換にと思い三密とは程遠い平日の臨海に行ってみました。 そろそろ何かシギチが来ていないかと見て回りましたが全く見つからず。 とりあえず撮った鳥たちです。 オオジュリン♀ カイツブリ かなりの数が鳴いていました。 オカヨシガモ 最初は一羽でしたが二羽が飛んできて合流…
コメント:8

続きを読むread more

春の海

ひねもすのたりのたりかな なんていう俳句がぴったりののどかな海岸干潟でした。 そんな干潟に春の訪れ ホウロクシギが三羽やってきていました。 まだ近くには寄れませんが 三羽で飛び出して 頭の黒くなったズグロの代わりに色づき始めたユリカモメ かなり黒くなったオオジュリンを見つけたけどすぐに見失い…
コメント:11

続きを読むread more

待っていてくれた鳥たち

カワガラスの様子を見に先週に続き渓谷に 雛は巣立ちを始めているようで 給餌シーンを期待しましたが、そばを通っても親は知らん顔 仕方なく自力で泳いで ちょっと離れたところへ飛んで このまま一羽で下流方面へ飛んで行ってしまいました。巣立ってまだ数日ですが、独り立ちははやいです。 これが三個体目ということですが、ま…
コメント:9

続きを読むread more

富士山麓の野鳥 3月下旬 その2

この日は別の場所で名残の冬鳥を探しますが、やはりあまりいませんねぇ。 最初はカケス 声がしたほうを見ていると飛び出して近くにとまってくれました。 エナガ 繁殖の準備で忙しいのか、近くで平気で餌探し デカどりの正面顔 帰りがけにルリビタキ♀のかすかな声を頼りに探すと ピンボケですが飛び出し 高いとこ…
コメント:6

続きを読むread more

富士山麓の野鳥 3月下旬

夏タイヤへの交換と名残の鳥たちを探しに富士山麓にやってきました。 流石にここも冬鳥の姿はなかなか見受かりません。 見つかるのは留鳥たち コガラ ルリビタキの声が聞こえたので様子を見ていると藪の中から出てきたウグイスが 「ホーホケキョ」 別の枝に写って 待っていたルリビタキの姿も見ましたが撮れず(T_T)…
コメント:6

続きを読むread more

渓流の地味な奴

一年ぶりの渓谷で茶色い鳥を探してきました。 カワガラス 虫をいっぱい咥えて 巣の近くを歩き回って パートナーも 虫を咥えたまま巣穴に飛び込んで行ってので、もしかしたらもう孵化しているのかもしれません。 今年も子育てシーンが楽しみになってきました。 ミソサザイ 小さな体で飛び回り、あちこちで囀ってくれました。…
コメント:9

続きを読むread more

遠いのや近いの

今週の出撃は無理かと思っていました。なんとか出ることができましたが私としては珍しく午後からの鳥見になりました。 まずは近いのから トモエガモ 岸辺にいましたが、人が近付いても我関せずでのんびりしていました。 遠いのはオオカラモズ この日も大盛況で午後になっても大勢のCマンが詰めかけていました。 …
コメント:9

続きを読むread more

雨が降る前に

海岸干潟に行ってみました。 小さな葦原にはオオジュリンがまだ残っていました。 大分顔が黒くなってきました。もうすぐ繁殖地に向かうんでしょうね。 ウミアイサ♀ 今季はなかなか♂が近くで撮れません。 ズグロカモメ 頭が黒くなった姿を二年続けて見せてくれました。 このあと雲が広がりほとんど白黒写真 着水…
コメント:9

続きを読むread more